So-net無料ブログ作成
検索選択

ゴシック名訳集成 [文学・思想]

IMG_5748.JPG




先日、スマホで話しながら古本屋の前を通りかかったところ、
いきなり「日影丈吉」という字が目に飛び込んできた。

これは!と思って思わず足を止め、中身を確認したところ
読んだことのある作品が半分くらいある上に、1000円を超えていたので、
うーん どうしようかな、
と思ってその横を見ると、これまた目に飛び込んできたのが冒頭の2冊。

これ以外にも、いろいろと面白そうな本がたくさんあったので
私もテンションがあがってきて、
うーん どうしようと迷っていると、
店主の方が近づいてきて、

「値段もう少し下げられますよ」

とおっしゃる。

結局、この2冊を購入。占めて2650円。


収録された作品でまず目に飛び込んでくるのは、
ポーの「大鴉」。
ポー+ギュスターヴ・ドレ+ 日夏耿之介
っていう組み合わせ。

しかも、これ
英文も載っている。

英文を読むと、拍子抜けするくらいにシンプルだったりして、
日夏の訳がいかに超訳かってことがよくわかる。

実は私は日夏の訳文をちゃんと読むのはこれが初めてなんだけれど
あまりの仰々しさに驚愕した。
これは翻訳じゃないでしょ。
英文をネタに、勝手にイメージ広げて書いてるだけ。

こういうのは、美しいとか、文学的とかいうより、なんだか、
偏屈な頑固職人的な押し付けがましさみたいなものが感じられて、
あまり好きではないけれど

とはいえ、日本語というのは、こんなにも、視覚的に絢爛豪華たり得る言語なのか、
とうならされる。

西洋の言語には絶対に真似できない。

まあいずれにしても
東雅夫さんのよい仕事だと思います。


ところで、ルー・リードのアルバムで "Raven" というのがあって、
未聴だけど
タイトルはこれからとってるのかな。

まあ、そうなんだろうけど。












ポオ詩集 サロメ―現代日本の翻訳 (講談社文芸文庫)

ポオ詩集 サロメ―現代日本の翻訳 (講談社文芸文庫)

  • 作者: ポオ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/02
  • メディア: 文庫



日夏耿之介の世界

日夏耿之介の世界

  • 作者: 井村 君江
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 2015/02/23
  • メディア: 単行本



大鴉

大鴉

  • 作者: エドガー・アラン ポオ
  • 出版社/メーカー: 沖積舎
  • 発売日: 2005/09/20
  • メディア: 単行本



サバト恠異帖 (ちくま学芸文庫)

サバト恠異帖 (ちくま学芸文庫)

  • 作者: 日夏 耿之介
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2003/09
  • メディア: 文庫



現代イタリア幻想短篇集

現代イタリア幻想短篇集

  • 作者: I・カルヴィーノ
  • 出版社/メーカー: 国書刊行会
  • 発売日: 1995/06
  • メディア: 単行本



皇帝のバラ―幻想掌篇集 (1976年)

皇帝のバラ―幻想掌篇集 (1976年)

  • 作者: ルイージ・マレルバ
  • 出版社/メーカー: 出帆社
  • 発売日: 1976
  • メディア: -



シチリア幻想行

シチリア幻想行

  • 作者: 新井 豊美
  • 出版社/メーカー: 思潮社
  • 発売日: 2006/12
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 1

lequiche

日夏だけじゃなくて、あのあたりの世代は
堀口大學とか上田敏とか、皆、超訳でしょ?
小説なんかだと
ストーリー変えちゃうこともあったらしいです。

RAVENはポーのコンセプト・アルバムです。
地味だけど悪くないと思います。
ただ今販売されてるのはCD1枚なのが残念。
最初は2枚組でした。
by lequiche (2016-05-31 00:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。