So-net無料ブログ作成
検索選択

大都会 闘いの日々 [映画・芸能]

Chat_IMG_5285.JPG




先日、初めて、石原プロの刑事ドラマ、『大都会 闘いの日々』を観た。

昭和の刑事ドラマと時代劇が大好物な私は、
たいていのものは観ているのだけれど、これは見たことがなかった。

テレビで再放送もしていないし、ツタヤなどでDVD が置いてあるのも見たことないし
観る機会がなかった、というのもあるけれど
裕次郎+渡哲也のダブル主演、というだけで、

西部警察とか太陽にほえろとなにが違うの?という疑問が先行してしまい、
しかも石原プロ作品はさんざん見てたし、若干食傷気味だったので、
あまり見る気がしなかった。

ところが先日、BS11で放送されているのを偶然知って、
なんとなくみてみた。


大都会 -闘いの日々- BOX [DVD]

大都会 -闘いの日々- BOX [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2012/04/17
  • メディア: DVD




で、観て驚いた。

いわゆる石原プロ作品とは全く雰囲気が違う。
派手なアクションもなければ銃撃戦もなく、
車やバイクが転がりまわったり、装甲車やヘリが登場することもない。

時系列も前後したり、突然終わったりとか
事件の内容もよくわからなかったりとか
ちょっと複雑な演出だったり、話も凝っていて、実験的にすら感じる。

ふつう、刑事ドラマといえば、事件が起きる→ 捜査→ 犯人を追い詰める
→ 犯人逮捕 → めでたしめでたし

というパターンを踏襲しているものだけど、そのフォーマットに則っていないどころか
なんのカタルシスもなければ、救いもない、という
ある意味かなり文学的とすら思わせる作品ばかり。

また、登場人物の造形もよくできていて、
ああ、こういう人いるよね、みたいなかんじでリアリティがあるし
(特に、伴淳三郎とかいい味だしすぎ)

ふとした瞬間に、奇妙な透明感というか静謐感のようなものが漂う瞬間があって
なんとも不思議な空気感もある。

ストーリー的にもさほど面白いというわけでもないのに、
ぐいぐいと引き込まれ、目が離せない。
これはやはり、演出の妙によるものかと。

よく見たら、監督は村川透。なんか納得。
ここで優作と出会った彼は、のちに『最も危険な遊戯』、『野獣死すべし』などを手がけることになるわけね。


最も危険な遊戯 [DVD]

最も危険な遊戯 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
  • メディア: DVD




そして脚本は倉本聰。
これは驚いた。

『北の国から』、『前略おふくろ様』などで有名な倉本聰が、
まさか刑事ものの脚本を書いていたとは。

村川透と倉本聰が組むと、こういうものができるのか、
という私の中では新しい発見。


しかしなんといっても、出演者が素晴らしい。

裕次郎+渡哲也はもちろん、宍戸錠、高品格、佐藤慶、さらには篠ひろこ、
そしてゲストだけど優作、伴淳三郎、志賀勝、川谷拓三、、と、
あまりにもいい役者がそろっているのだから、つまらないわけがない。

それにしても、、 渡哲也扮する主人公の黒岩は、眼力が凄すぎる。

その気迫というか、殺気というか、とにかく尋常じゃない。
彼が登場するだけで、画面に緊張感がはりつめまくり。
役者・渡哲也の凄みを改めて再認識。

でもその一方で、ひっきりなしに煙草を吸うわ、
ちょっとしたことでキレて妹を殴るわで、かなり放送的に不適切なかんじなので
まーこれは地上波で再放送は無理かと。

逆に、高品格などの共演者がほんとにいい味をだしていて、いいかんじに中和しているというか。
裕次郎も、どちらかといえば西部警察の小暮を更に軽くした感じで、
余裕のあるオトナ的ないいキャラ。 こういうの好きだなー。


でも、こんなに素晴らしい作品なのに、当時は視聴率が低迷。
その後路線を変えて派手なアクションを取り入れることでPARTⅡとして再スタート、
高視聴率となり、のちの西部警察のベースとなった模様。

そういえば、勝新主演の傑作「警視K」も(やっと2014年にDVD化された模様)、
あんなに素晴らしい作品なのに、平均視聴率は5.4%と、
ゴールデン枠としては最低級の数字だったらしく


警視-K DVD-BOX

警視-K DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD




うーん 警視Kといい大都会といい、
良質な刑事ドラマは悉く不評だったんだなー。

今は、さすがにちゃんと評価されるていると思うのだけど、
暴力表現とか、いろいろあって、たぶん再放送とか無理だし、
結局、知る人ぞ知る存在でしかなく、いつしかDVDも廃盤になって、
忘れられていくのかなー。

断固としてそういった状態は阻止しなくては。


良質な刑事ドラマが作られなくなった現在、
これは屈指の名作として、日本のテレビドラマ史にしっかりと刻み込まれるべき作品。


ちなみに、音楽もかっこいい。




「大都会‐闘いの日々‐」MUSIC FILE

「大都会‐闘いの日々‐」MUSIC FILE

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 1995/02/01
  • メディア: CD



「大都会」サウンド・トラック PREMIUM BOX

「大都会」サウンド・トラック PREMIUM BOX

  • アーティスト: 0座標,GAME(FUN CITY),ミクロコスモスII,高橋達也と東京ユニオン
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2007/04/25
  • メディア: CD



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。